ホーム
製品
私達について
工場見学
品質コントロール
お問い合わせ
お問い合わせ
ホーム 製品送り装置のコントローラーの重量を量りなさい

与える/重量の合計配給量の流れを用いる重量の重量のコントローラー システムのベルトの損失

良い品質 コントローラーの重量を量るバッチ 販売のため
良い品質 コントローラーの重量を量るバッチ 販売のため
私は今すぐオンラインチャットです

与える/重量の合計配給量の流れを用いる重量の重量のコントローラー システムのベルトの損失

中国 与える/重量の合計配給量の流れを用いる重量の重量のコントローラー システムのベルトの損失 サプライヤー
与える/重量の合計配給量の流れを用いる重量の重量のコントローラー システムのベルトの損失 サプライヤー 与える/重量の合計配給量の流れを用いる重量の重量のコントローラー システムのベルトの損失 サプライヤー 与える/重量の合計配給量の流れを用いる重量の重量のコントローラー システムのベルトの損失 サプライヤー 与える/重量の合計配給量の流れを用いる重量の重量のコントローラー システムのベルトの損失 サプライヤー

大画像 :  与える/重量の合計配給量の流れを用いる重量の重量のコントローラー システムのベルトの損失

商品の詳細:

起源の場所: 中国
ブランド名: SUPMETER
証明: CE
モデル番号: BST100-E81

お支払配送条件:

最小注文数量: 1 ユニット
価格: 500 USD PER UNIT
パッケージの詳細: カートン包装
受渡し時間: 3 仕事日
支払条件: T/T
供給の能力: 1 ヶ月あたりの 1000年ユニット
Contact Now
詳細製品概要
インストール: 取付けられるパネル ディスプレイ: 液晶
コミュニケーション: RS232 A0: 4-20mA
材料:

 

与える/重量の合計配給量の流れを用いるベルトの損失重量のweighfeederのコントローラー
のため:配給量ベルトWeighfeeder

 

 

         

主要出願

  • 重量の合計のベルトの計重機。
  • 配給量の流れの供給を用いる配給量ベルトWeighfeeder。
  • 配給量の流れの供給を用いる損失重量Weighfeeder。

主な特長

  • 産業環境のための高い反込み合いとのEMCの設計。
  • 逆の極性の保護のDC24Vの入力。
  • 72MHz時計及び高い算術速度の32ビット腕CPU。
  • 7つの背景色の128×64 LCDの表示画面。
  • 内部決断1/1,000,000の24ビット∑-△ADC。
  • 高いサンプリング周波数400Hz。
  • 精密な重量を量ること、安定した表示および急速な応答のための特別な反振動デジタルろ過のアルゴリズム。
  • ゼロ口径測定及び自動車のゼロ追跡。
  • スパンの口径測定及び区分の訂正。
  • 速度口径測定及びベルトの長さの口径測定。
  • 送り装置およびベルトの計重機はDI&DOによって制御することができます。
  • 速く、安定したPIDの配給量の供給制御。
  • 年の1転位/日/ヶ月あたりのQueryableの記録。
  • 定義可能なDI/DOAO/COM [COMポート]。

      与える/重量の合計配給量の流れを用いる重量の重量のコントローラー システムのベルトの損失

   技術仕様

  • の電源:AC220V±15%、最高50/60Hz。15W.
  • のLoadcellの刺激電圧/流れ:DC10V/250mA.
  • 連結可能な8 Loadcells [350Ω]。
  • 信号入力範囲の重量を量る:0~25mV.
  • のスピード センサの刺激電圧/流れ:DC12V/100mA.
  • の速度信号入力範囲:0.5~3000Hz.
  • 3のノーマル・オープン スイッチ入力[ディディミアム]。
  • 4のノーマル・オープンのリレー出力[]:AC250V/DC24V、1A。
  • 1"合計された重量』のパルス出力機構[PO]:DC5~24V、100mA。
  • 2" PID制御』アナログ出力[AO]:4~20mA、0.05%FS。
  • 1"流れによって置かれる』アナログ入力[AI]:4~20mA、0.05%FS。
  • COM1:任意RS232/RS485/RS422/Profibus-DP/Ethernet。
  • COM2:RS232.
  • はホストIPCの遠隔表示、Printer&Wirelessモジュールを接続します。
  • の輪郭のサイズ[W×H×D]:164 × 86の× 193のmm。

 

キーパッド操作

      1分にキーパッド操作がないし、『F2口径測定』及び『調節可能な』 F6工場のプロセスになければコントローラーは『主要な表示インターフェイス』に自動的に戻ります。

 

メニュー操作
キー名 記述

【メニュー】

(【ESCの】)

メイン メニューを入れて下さい。

出て下さい。

【のENT】 入って下さい/保存。
【の▲の】

カーソルは上りか左を移します。

前のインターフェイスか選択を表示して下さい。

【の▼の】

カーソルはまたは正しく移ります。

次のインターフェイスか選択を表示して下さい。

【0~9の】 ディジットの入力。
速い操作
【ロックの】
  • キー錠。
  • キー鍵が開くこと。
【F1の】 最初の表示インターフェイスに戻して下さい。
【の一定の】 流れの設定値の設定。
【ADJ-の】 現在の-1mAを制御して下さい。
【ADJ+の】 現在の+1mAを制御して下さい。
【の自動】 『手動/自動』制御モードの選択。
【EXTの】 『内部/外部』流れの一定のモード切り替え。
【のゼロ】 ゼロ口径測定。
【CALの】 動的スパンの口径測定。
【CLSの】 明確なスクリーン:totalized重量の明確な表示価値。
【RECの】 問い合わせおよび印刷物の重量の記録。
【の印刷物の】 印刷物。

 

取付け

与える/重量の合計配給量の流れを用いる重量の重量のコントローラー システムのベルトの損失

 

 

  • の実用温度:-25℃~+45℃.
  • フロント・パネルのの保護レベル:IP65.
  • の正確さの等級:0.5。
  • フロー制御のの正確さ:0.5%~1.0%。

 

 ターミナル

与える/重量の合計配給量の流れを用いる重量の重量のコントローラー システムのベルトの損失

 

 

配給量の流れの自動供給システム

 

与える/重量の合計配給量の流れを用いる重量の重量のコントローラー システムのベルトの損失

連絡先の詳細
CHANGSHA SUPMETER TECHNOLOGICAL CO.,LID

コンタクトパーソン: He

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)